HUNTER×HUNTER攻略wiki

mobageのHUNTERxHUNTER(ハンターxハンター)バトルコレクションの攻略wiki

シルバ=ゾルディック

シルバ=ゾルディック

レア度オーラ最攻最防
シルバ/プロの暗殺家R17
一時休戦
暗殺者一家であるゾルディック家の当主。十老頭から仕事の依頼を受けヨークシンに赴き、ゼノと共にクロロと対峙する。殺し屋として鍛えられた肉体は、0.1ミリグラムでクジラをも動けなくする猛毒を塗ったクロロのベンズナイフの攻撃をうけても全く動じなかった。戦闘中にイルミから依頼者である十老頭を殺したとの連絡を受け、クロロとの戦闘が終了した
暗殺者一家として有名なゾルディック家の現当主。ヨークシンで行われるオークションの宝を奪い、陰獣を全滅させた幻影旅団の始末を十老頭から依頼される。ゼノと共にクロロと闘い、暗殺者としての強さの片鱗を見せたが、クロロの依頼で動いていたイルミにより十老頭が死亡。依頼者がいなくなった事でクロロを倒す理由が無くなり戦闘は終わった
シルバ/暗殺一家の当主R1763707200
鋭利な手先
ククルーマウンテンに住む、暗殺者一族ゾルディック家の当主。キルア曰く「親父は傷口から血を出さずに心臓を盗む」らしく暗殺技術は非常に高い。マフィアからの依頼を受け、ヨークシンシティへ向かい父・ゼノと共にクロロと死闘を繰り広げた
伝説の暗殺者一家として有名なゾルディック家の当主。クロロとの闘いではかなり強い念のオーラを凝縮させた技を見せ彼を追い詰めるが、クロロの依頼で動いていたイルミが依頼者である十老頭を暗殺したことから中断している
シルバ/伝説の暗殺者SR2298508740
殺人の技巧
暗殺者一家、ゾルディック家の当主。キルアら兄弟の父であり、現役の暗殺者である。キルアからは「相手の傷口から血を一滴も出さずに心臓を盗むことができる」と言われるほど、暗殺に関しては高い能力を誇る。ヨークシンで幻影旅団が大暴れしたことに対抗する策として、十老頭に旅団の始末を依頼された
伝説の暗殺者一家として有名なゾルディック家の当主。強靭な肉体とずば抜けた暗殺能力で、音もなく相手を瞬殺する。家出したキルアに対しては、「好きに生きろ 絶対に仲間を裏切るな」と息子が自由に生きることを許した。過去に幻影旅団のメンバーの一員を仕事で暗殺している
シルバ/殺しの専門家SR23876010710
必殺の念撃
世界でも有名な殺し屋一族の当主。殺人はあくまでも仕事であり、私怨や同情で動くことはない。イルミと共にキルアを一流の暗殺者へと教育している。以前、仕事で幻影旅団と戦ったことがある
家族で暗殺稼業を営む一族の当主。鍛え抜かれた肉体と研ぎ澄まされた戦闘能力を持つ変化系の能力者。十老頭からの依頼を受け、ヨークシンを父と共に訪れた。金庫から財宝を奪ったとされる幻影旅団の頭、クロロと闘う
シルバ/父の威厳SR2587409860
約束の証
ククルーマウンテンに住む、暗殺者一族出身。幼いころから父・ゼノに暗殺者としての英才教育を受けており、息子たちも同じように教育してきた。ハンター試験後に戻ってきたキルアに対し、どんな経験をしてきて何を考えているのかなど、親子としての会話を交わした
暗殺を家業とする一族出身。極限まで鍛え抜かれた肉体と、幼いころから身に付けた暗殺術で標的を始末する。イルミを筆頭に5人の子どもを持つ父親でもある。家出から戻ったキルアに「絶対に仲間を裏切るな」という言葉を贈り、キルアの自由を認めた
シルバ/息子との約束SR25111607440
父の貫禄
ゾルディック家の主。ゴンを助けるために帰ってきたキルアに「アルカに会わせてくれ」と頼まれるも、アルカは家族でも人でもないと言い放つ。しかし、キルアのことを誰よりも信頼していて父子としての約束事を尊重していることもあり、キルアの強い意志に押されてアルカの部屋へ行くことを許した
キルアやイルミらの父親。特別な能力を持つアルカをゾルディック家の脅威と考えていて、キルアにも接触させたくないと考えている。その反面、アルカの能力をコントロールできたらとも思っている。キルアだけが知るルールに則ってアルカを連れて家を出た際には、最も信頼を置いている執事・ツボネとアマネを派遣し、監視を申し付けた
シルバ/秘殺専一SSR281190011450
虚虚実実
一族全員が殺し屋という殺人一家の大黒柱で、ベンズナイフのコレクター。キルアが「家を出たい」と言った際にはそれを認め、キルアの自由にさせるなど、父親らしい面を見せたこともある。が、本心では息子の暗殺者としての血を確かに感じ、企みを持っているようだ。具体的な念能力は不明だが、かなりの手練れであることがうかがえる
暗殺者一家、ゾルディック家の当主。幼いころから暗殺術の訓練を積んでおり、0.1ミリグラムでクジラを動けなくする毒ですらも効かない。一滴も血を流さずに相手の心臓を盗むことができるなど、殺しの技術はピカイチ。以前、幻影旅団と戦ったことがあり、その際に団員の1人を殺している
シルバ/暗殺の極意SSR321268011260
念弾連射
名な暗殺者一家であるゾルディック家の当主。基本的にゾルディック家は各々が独立して仕事を請け負い、得意なやり方で仕事を遂行しているが、十老頭からの依頼を受け、父であるゼノと共にクロロと対峙する事に。その際にゼノもろともクロロを倒そうとするなど任務遂行のためには手段を厭わない、プロの暗殺者としての冷徹な一面を見せた
秘匿と暗黒に包まれた暗殺者一族、ゾルディック家の主。仕事が完璧すぎるがためか、彼らの正体は外部に知られてはいない。具体的な念能力は未だ不明で、そのポテンシャルは計り知ることが出来ない。だがクロロとの戦闘で見せた巨大なオーラは、一瞬であるがその強大さを覗かせた
シルバ/高みからの撃砕SSR321316010780
頭蓋粉砕
暗殺一家、ゾルディック家の当主。鍛え抜かれた肉体と卓越した暗殺技術を持ち、以前幻影旅団のメンバーを暗殺したこともある。子どもたちの中では、キルアを一番の後継者だと思っているのか、離れていても成長を気にかけている
伝説の暗殺者一家、ゾルディック家の当主。キメラアント討伐のため、ネテロからの依頼を受けてゼノと一緒に東ゴルトー共和国に向かう。ゼノに勝負を挑んできたキメラアント、ヂートゥを上空からの一撃で抹殺した。ゼノからキルアの成長ぶりを聞かされ、感慨深げな表情を見せている
シルバ/暗殺者の血筋SSR331605013140
暗殺の秘儀
ゾルディック家の主。ゴンを助けるために帰ってきたキルアに「アルカに会わせてくれ」と頼まれるも、アルカは家族でも人でもないと言い放つ。しかし、キルアのことを誰よりも信頼していて父子としての約束事を尊重していることもあり、キルアの強い意志に押されてアルカの部屋へ行くことを許した
キルアやイルミらの父親。特別な能力を持つアルカをゾルディック家の脅威と考えていて、キルアにもなるべく接触させたくない。その反面、アルカの能力をコントロールできたらとも思っている。キルアだけが知るルールに則ってアルカを連れて家を出た際には、最も信頼を置いている執事・ツボネを派遣し、監視を申し付けた
シルバ/完璧な仕事SSR341322012720
捨て身の覚悟
有名な暗殺者一家であるゾルディック家の当主。基本的にゾルディック家は各々が独立して仕事を請け負い、得意なやり方で仕事を遂行しているが、十老頭からの依頼を受け、父であるゼノと共にクロロと対峙した。その際にゼノもろともクロロを倒そうとするなど任務遂行のためには手段を厭わない、プロの暗殺者としての冷徹な一面を見せた
秘匿と暗黒に包まれた暗殺者一族、ゾルディック家の主。仕事が完璧すぎるがためか、彼らの正体は外部に知られてはいない。具体的な念能力は未だ不明で、そのポテンシャルは計り知ることが出来ない。だがクロロとの戦闘で見せた巨大なオーラは、一瞬であるがその強大さを覗かせた
シルバ/暗殺術の極地SSR341322012720
完成された暗殺技術
シルバ/強堅な暗殺家SSR341374012200
並行追撃
暗殺一家、ゾルディック家の当主。鍛え抜かれた肉体と卓越した暗殺技術を持ち、過去には幻影旅団のメンバーを暗殺したこともあるという。具体的な念能力は未だ不明で、そのポテンシャルは計り知ることが出来ない。だがクロロとの戦闘で見せた巨大なオーラは、一瞬であるがその強大さを覗かせた
暗殺一家・ゾルディック家の主でキルアの父。十老頭から幻影旅団の暗殺を依頼され、ゼノとともにヨークシンへと出向く。暗殺者としての強さの片鱗を見せたが、クロロの依頼で動いていたイルミにより十老頭が死亡。依頼者がいなくなった事でクロロを倒す理由が無くなり戦闘は終わった
シルバ/暗殺者の覚悟SSR341730013060
即決即断
ゼノと共に十老頭からの依頼でセメタリービル内に侵入したクロロと対峙する。ゼノの攻撃で倒れたクロロに追撃を仕掛けるが、ナイフによる反撃を受けてしまう。デザインを見ただけで、それがベンズナイフの中期型、そして形状から毒が塗ってあることに気付いて血を抜き、全身に毒が回らないよう自ら応急処置を施した
十老頭に依頼されてゼノと共にクロロの暗殺を謀る。他人の念能力を奪うという特殊な能力を持つクロロを確実に仕留めるには、自分が命を賭して動きを止める必要があると判断したゼノの指示でサポート役に回る。そしてクロロの動きを止めているゼノもろとも巨大な念弾で攻撃をした
シルバ/類稀なる暗殺技術SSR351427012670
暗殺一家当主の力
シルバ/無欠必殺LR432144019020
重撃強打
伝説の暗殺者一家として有名なゾルディック家の当主。強靭な肉体とずば抜けた暗殺能力で、音もなく相手を抹殺する。キルア曰く「相手の傷口から血を一滴も出さずに心臓を盗むことができる」と言われるほど、暗殺に関しては高い能力を誇る。過去に仕事で幻影旅団のリーダー、クロロと戦ったことがあるようだ
伝説の暗殺者一家、ゾルディック家の当主。キルアが「家を出たい」と言った際にはそれを認め、キルアを自由にさせるなど、父親らしい面を見せたこともあるが、本心では息子の暗殺者としての血を確かに感じているようだ。幼いころから暗殺術の訓練を積んでおり、0.1ミリグラムでクジラを動けなくする毒ですらも通用しない
Last-modified: 2014-02-13 (木) 23:30:51 (1585d)
GOOD 0 ソーシャルボタン表示

本記事へのコメント(全0件)

コメントはありません。